机の上に浮かぶ魚

 高樹のぶ子さんのエッセイ集を読んでいたところ、浮かぶ魚の風船について書かれていました。
 
“花弁を光に透かして 高樹のぶ子”
  https://diletanto.hateblo.jp/entry/2020/10/12/195236  
 
 ヘリウムガスを入れると部屋に浮かび、体温や気流に反応して生きているように動き回るそうです。
 しかしある日、窓から外に出てしばらくこいのぼりに話しかけた後、どこかに飛んで行ったそうです。
 その辺のいきさつが閨秀作家らしく面白おかしく書かれていました。
 本書の初版が発行されたのは1995年ですが、そんなグッズがあったとは今まで知りませんでした。
 ネットで検索したところ、それらしいものがあったので購入。
 

 説明書もなく風船とヘリウム缶だけ届きました。
 どうやってガスを入れるのか迷いましたがネットを検索して何とか判明。
 早速ヘリウムを入れると、動き回るどころか天井に張り付いて動きません。
 ひもをつけて厚紙の重りをつけると、意外と浮力がないようで机の上に張り付いてしまいました。
 まあこれでもアクセントになるか。

 

 しかし高樹のぶ子さんのエッセイに書かれていたものとは全く違うようです。
 動き回ったり窓から出て行くような動きは考えられません。
 高樹さんのは値段が高かったように書かれていたので、特殊な加工をしたものだったのでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お散歩バルーン レトリバー S.A.G. エアーウォーカー ++j
価格:1800円(税別、送料別)(2020/10/12時点)

 ↑お散歩バルーンというのもあるようです。

編集後記&参照リンク集&コメントコーナーなど
↑ご意見ご感想お寄せ下さい

【トップページに戻る】
20世紀少年少女SFクラブ
【ブログもやってます】
SF KidなWeblog
快眠・早起き朝活・健康生活ブログ
少年少女・ネタバレ談話室(ネタバレ注意!)
【Twitterもやってます】
市井學人(護憲派ディレッタント)

サイト内検索

アーカイブ

BANNER

Links

SNS

↓とりあえずランキングに参加しています

ページTOPに戻る