20世紀少年少女SFクラブ > 記事一覧 > 偕成社ベルヌ名作全集

記事一覧

ゴルツ男爵の幽霊屋敷『カルパチアの城』

【あらすじ】  廃墟となっていたカルパチアの城に人の気配が!?  調査に向かった村人2人は怪現象に会い逃げ帰る!  恐怖におののく村にテレク伯爵が旅の途中でやって来る。  カルパチア城の持ち主を聞いた伯爵は因縁の相手・ゴ…

ヴェルヌ『青い怪光線』の原作は何と……!オリジナルの展開が!

偕成社ベルヌ名作全集13 久米元一・訳 山野辺進・絵 1969年  大阪府立図書館で偕成社のベルヌ名作全集について調べると、本書を含めて2冊だけ在庫がありました。  早速本書を借りて見ると、内容は何と『サハラ砂漠の秘密』…

ひみつの科学都市/インド王妃の遺産

   偕成社ベルヌ名作全集9 訳:土井耕 箱絵:司修 口絵・さし絵:山野辺進  (なお、表紙画像は 三省堂書店 様から拝借しました。) (あらすじ)  インドのゴクール王妃の莫大な遺産は二人の科学者に相続された。  一人…

サイト内検索

Links

BANNER

SNS

↓とりあえずランキングに参加しています

ページTOPに戻る