難破船(グラント船長の子供たち)

20170824063724.jpg

那須辰造(訳) 小林与志・由谷敏明(絵) 1968年5月1日発行
学研 少年少女ベルヌ科学名作全集 第8巻

★(あらすじ)★
1864年7月26日。スコットランドの貴族グレナヴァン卿は持ち船・ダンカン号の運航テストを行っていた。
シュモクザメを釣り上げた一行は、胃の中から酒瓶を取り出す。
中には救出を求めるグラント船長の手紙が入っていた!
グラント船長の救出を決意した一行は、グラント船長の子供・メリーとロバートの二人を加え、航海に出発する!

  

★(感想:グラント船長を探して大冒険!未知の大陸へ!ギャングや野蛮人との対決!暗号解読の要素も!!)

今回、学研の少年少女ベルヌ科学名作全集版(那須辰造訳)と偕成社の名作冒険全集版(野田開作訳)を読み比べてみました。

20170824063805.jpg

野田開作(訳) 武部本一郎(絵) 1966年3月1日発行
偕成社 名作冒険全集 第25巻

学研版の方が対象年齢が高いのか、2段組で字も細かく、より詳しく訳出されています。
偕成社版の方が字が大きくより簡約化されていますが、超訳というか、文章に切れとスピードがあって一気に読ませます。

実は私は中学生時代に本作品を旺文社文庫版で読んだことあります。
今思うとよく読んだなと思うのですが、確かに読むのに苦労しました。
今となっては完訳版を読む体力も精神力も時間もないので、少年少女向け縮約版に挑戦したわけです。
旺文社文庫の『十五少年漂流記』の解説で、解説を書いていた訳者(金子博)が

「ヴェルヌの作品は文体に難があるので抄訳で紹介されることが多い」

というような意味のことを書かれていました。
抄訳にしろマンガ版にしろ、読まないよりは読む方がいいに決まっています。
その意味では昭和時代に出された少年少女向け名作文学の抄訳はなかなかレベルが高いので、忙しい大人が読み直すのに最適だと思います。

……で、中学時代に読んだ時は、とにかく読むことに意識が行っていてストーリーを楽しむまではいかなかったのですが、今回読んでみてなかなか面白かった。
那須辰造さんは解説で

「ベルヌの作品には、空想科学小説と地理(旅行)小説とがありますが、この『難破船』は、後者の代表作です。」

と書かれています。
当時のフランス人にとって南アメリカ大陸やオーストラリア大陸、ニュージーランドのことはあまりよく知られていなかったのです。
好奇心旺盛なヴェルヌはこれらの世界について色々と調べ、見て来たかのように物語に描きました。
当時の読者にとって、本作品の舞台は月世界や海底や地底と同じく、未知の世界だったのです。
本作品に登場する地理学者のパガネル先生はヴェルヌの分身なのです。
ヴェルヌの冒険小説の面白さは他の作品でも証明済みです。
本書では未知の世界の探検もあり、凶悪な脱獄囚どもを組織化した盗賊団のかしらベン=ジョイスとの対決もあり、海水で部分的に消えて暗号状態になってしまったグラント船長の手紙を解読するという暗号解読ネタもあり、ヴェルヌのストーリーテラーぶりが際立っています。

オーストラリア大陸を横断する際、グレナヴァン一行はほろ車購入し、牛に引かせます。

「車は、ひどいぼろ車だったけれど、ほろのなかにふたつベッドをならべて、板でしきりをすると、婦人室になった。荷物をつんで、うしろのあいている場所は、すいじ場にした。」(那須辰造訳)

今でいうと、キャンピングカーですか。当時のほろ車でもこんなことができたのですね。
しかし、今現在にキャンピングカーで道路を走るのならまだしも、開拓時代のオーストラリアを牛車と馬で横断するとは、心細いものです。よくもそんなことをやったものです。
実際、途中で遭難して大変なことになります(そうでないと物語になりませんが)。

最後に、この物語のタイトルについて。
原書のタイトルは確かに『グラント船長の子供たち』のようです。
しかし物語としては、グラント船長の子供のメリーとロバートが突出して活躍しているわけではありません。
活躍するのはあくまでも大人であるパガネルであり、マクナブスであり、南アメリカ大陸冒険編の案内役・タルカベであり、グレナヴァン隊長です。
偕成社の名作冒険全集版(野田開作訳)ではジュヴナイルの読者層を意識して、ロバートの描写が多いような気がします。
それで、今回読んだ少年少女向け翻訳では、『ダンカン号の冒険』だとか『難破船』というタイトルになっています。
しかしこのタイトルも今一つ物語の内容を表しているように思えません。
ダンカン号というのは、グレナヴァン卿の持ち船の名前です。確かにグレナヴァン一行はダンカン号に乗って航海します。
しかし物語の中心は、ダンカン号を降りて上陸した南アメリカ大陸のパンパであり、オーストラリア大陸であり、ニュージーランドでの冒険なのです。
一方、グラント船長が乗っていた船はブリタニア号。『難破船』というのは、ブリタニア号のことです。
しかし、物語にはブリタニア号の描写は一度も出てきません。ブリタニア号が難破して二年後の物語なのです。
以上の考察から、本作品がなぜ『ダンカン号の冒険』だとか『難破船』というタイトルで出版されたのか、疑問に思います。
岩崎書店 『ベルヌ冒険名作選集』亀山龍樹訳版では、第11巻として『大秘境の冒険』『難破船』の二通りの記述があるのですが、どういうことでしょうか。
( 『ベルヌ冒険名作選集』/岩崎書店  を参照)

私個人の感想としては、『大秘境の冒険』が物語の内容をよく表していると思うし、一番興味を引くタイトルだと思います。

実は今回検索してみて、1964年に本作品を原作としたディズニー映画が公開されていたと知りました。
映画の原題は「In Search of the Castaways」。
“遭難者を探せ” といったところでしょうか。
これが日本公開の際、『難破船』というタイトルとなりました。


↑海外版DVD。見るにはリージョンフリーのDVDプレイヤーが必要。

映画公開後に発行(1966年)された学研版はこの映画に合わせたタイトルとしたのでしょうか。
偕成社の『ダンカン号の冒険』の方は、今回参照した本の奥付けでは1966年発行と記されていましたが、
これは再版の年月であって、初版は映画公開前の1958年発行のようです。
そして上に挙げた岩崎書店『ベルヌ冒険名作選集』版でタイトルが2種類あるという謎は、映画公開前に発行(1960年)された初版は『大秘境の冒険』で、映画公開後にに再版された版は映画に合わせて改題した、というのなら説明がつくのですが。
(実は映画化は1936年にソ連でもされたようです。)

それはともかく、いま改めて本作品のタイトルを考えるとすると、どんな案が考えられるでしょうか?

『父をたずねて海上三万マイル』

『グラント船長を探せ!』

『三十七度線上の追跡』

……どうですか?売れそうですか?読みたくなりますか?
皆様ならどんなタイトルで売り出しますか?
(2017年08月31日 )

nikomame_0720-img600x465-1406438904d6wklx9596.jpg

↑旺文社文庫版(1977年)は、集英社ヴェルヌ全集版(1968年)の再版のようです。
(貴重な帯付き画像はヤフオクより頂きました)

    

編集後記&参照リンク集&コメントコーナーなど
↑ご意見ご感想お寄せ下さい

アーカイブ

BANNER

Links

SNS

ページTOPに戻る